アイフィンガーガエル成体 2匹セット

クリックで画像を表示
飼育下での繁殖個体
上陸して1年間育てた石垣島産のアイフィンガーガエルです。
もう少しで繁殖可能サイズとなります。

石垣島や西表島に生息するアイフィンガーガエルKurixalus eiffingeri は、樹上性のカエルで、夜間にクワズイモの葉や、木の枝などで見つけることができます。
大きな黒い目が、とても可愛いカエルです。

他の多くのカエルたちは、産卵後は一切関わることなく孵化したオタマジャクシも自分でエサを食べて育つのに対して、アイフィンガーガエルは子育てをするのです!
産卵は洞にある水溜りや、クワズイモの葉の根元にある水溜りで行われます。
水面より、少し高い位置に産卵して、孵化したオタマジャクシは水の中へ落ちます。
オタマジャクシが孵化すると母親は定期的にこの場所に通い、なんと無精卵をエサとしてオタマジャクシたちに与えるのです!
ヤドクガエルやカンムリアマガエルも同じように子育てをします。
カエルが子育てをするってすごいですね!

一般的にカエルは季節、湿度などの環境の関係で、飼育下で繁殖をさせるのは難しい種類が多いのですが、アイフィンガーガエルは飼育下でも比較的簡単に繁殖をさせることができます。
今回はアイフィンガーガエルのブリーダーさんから元気な個体が入荷しました。
とても飼育がしやすいカエルで、初めてカエルを飼う方にもオススメです。
飼育ケースにはポトスなどの環境植物を入れて、プリンカップなどで水辺を作ってあげます。